事業実績

ペルシャ湾に浮かぶエコアイランド

イラン国ゲシュム島の「エコアイランド」構想による地域のための持続可能な開発計画策定プロジェクト

イラン国ゲシュム島の「エコアイランド」構想による地域のための持続可能な開発計画策定プロジェクト

ゲシュム島の開発課題 ―プロジェクトの背景·目的

・イルカ、スナメリ等の海産哺乳類の生息場、渡り鳥の⾶来地、ウミガメの産卵地等に加えて、ペルシャ湾最⼤のマングローブ林やサンゴ礁からなる豊かな生態系が存在する。
・陸地にはイランで唯一のジオパークがあり、UNESCO支援の世界ジオパークネットワークへの登録が進められている(登録されれば、中東で2番目となる)。
・自然資源に恵まれ、⾃然資源を有機的に結びつけた観光業のポテンシャルは高い。
・島はペルシャ湾の国際航路に位置し、島の⼀部は貿易・経済の拠点として⾃由特区に指定されている。島の周辺には、⽯油・ガス⽥を有しており、工業開発の可能性を秘めている。
・持続的な開発を実現するために、環境保全、地元住民の生計向上を考慮した開発計画が必要であった。

プロジェクトの目的
・ 地元住民の生計向上
・自然資源の保全
・環境に配慮したゲシュム島における自由特区の開発促進

対象国 イラン国 対象地域 ゲシュム島
プロジェクト期間 2015年10月〜2018年11月 技術サービスの種類 マスタープラン
現地協力機関 ゲシュム島自由特区庁 発注者 国際協力機構(JICA)
受注形態 元請(共同企業体の幹事会社) 対象地域の面積と人口 面積:1,534㎢ 人口:141,696人(2016)
担当業務 総括/地域開発、民間投資促進、参加型開発1、参加型開発2/戦略的環境アセ スメント、社会・経済分析/業務調整/広報、土地利用1/GIS、土地利用 2、保護区管理計画(陸域2)/プロジェクト・コーディネーター、工業開発、 水産振興計画、パイロットプロジェクト実施管理、石油化学開発、天然ガス処理

プロジェクトの成果

・既存の島の開発計画(1994年策定)のレビュー
・地域住民の生計向上と自然資源の保全に係るマスタープランの策定
・生計向上と自然資源の保全のためのパイロット事業の実施
・優先分野のアクションプラン策定(観光振興、水産振興、汚水処理、廃棄物管理)
・投資促進の支援

エコアイランド・プロジェクト ― プロジェクトのアプローチ

・生計向上、環境保全と経済開発の均衡
・イランにおける参加型による計画作成とパイロット事業の実施
・里海・里山による生物多様性の向上

★UPDATE★パイロット事業紹介ビデオ