事業実績

アフリカ稲作振興支援にかかる基礎調査

アフリカ稲作振興支援にかかる基礎調査

プロジェクトの背景・目的

対象国 セネガル、マリ、ギニア、カメルーン、モザンビーク、マダガスカル、シエラレオネ、ガーナ、タンザニア、ナイジェリア、ケニア、ウガンダ 対象地域
プロジェクト期間 2009年2月〜2009年7月 技術サービスの種類 基礎調査
現地協力機関 アフリカ稲作振興のための共同体(CARD)事務局 発注者 国際協力機構(JICA)
受注形態 元請(共同企業体の幹事会社) 対象地域の面積と人口
担当業務 総括/稲作振興支援(仏語圏)、援助分析

プロジェクトの実績

私たちは、日本を含む各ドナーの現在及び今後のアフリカ地域における稲作関連分野(栽培、研究、流通を含む)の協力についてインベントリー調査を行い、その協力内容、成果、想定されるインパクト等を取りまとめ、今後、CARD参加機関間での支援活動の調整・調和化を促進するための基礎資料とすることを目的とした、「アフリカ稲作振興支援にかかる基礎調査」をJICAからの業務委託で実施しました。
具体的には、CARD支援対象候補第一グループ12ヵ国において、実施済み、実施中、および実施予定の稲作プロジェクトプロファイル(267件)の作成とプロジェクトマップの作成、各種指標によるプロジェクトの分類(各国別)、これらの作業を通じた、支援対象候補国の稲作振興の現状把握と課題の整理、及び今のCARD推進にあたっての提言の作成を行いました。
これらの調査結果は、報告書に取りまとめられ、CARD参加機関間で共有、分析され、支援対象各国に対する支援検討の基礎資料として利用されました。